オフィス

庁舎建設を成功させるコツ|便利な賃貸オフィスの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業の選択肢の1つ

笑顔の社員

東京にもその数を増やし続けているレンタルオフィスですが、そのバリエーションも実に様々です。中でも経費を出来るだけかけずに事務所を構えることが出来るのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは、いきなりレンタルオフィスを借りるのが不安な人でも気軽に利用することが可能です。東京でもその需要が高まりつつあるバーチャルオフィスの概要を確認しておきましょう。

バーチャルオフィスとはどのようなものなのかというと、ビジネスを行なうために必要な体制を整えることが出来るシステムのことを言います。そもそも、オフィスを構えるためにはオフィスの所在を示すために住所と電話番号が必要になります。東京でバーチャルオフィスを利用している人のほとんどが、住所利用、郵便物の転送サービス、法人登記用の住所利用を目的としています。そのためバーチャルオフィスでは会議室やラウンジスペースといった施設は使用しないことが多いのも特徴です。

バーチャルオフィスを利用する際にはいくつか注意しておくべきポイントがあります。まずは会社登記についてです。東京にあるバーチャルオフィスによっては、会社登記を認めているところもあればそうでないところもあります。またバーチャルオフィスで登記した場合、諸々の許認可が取れない、法人口座の開設が困難になる、といったことも起こる可能性があるので注意しましょう。そしてバーチャルオフィスのサービスの1つとして電話対応サービスというものがありますが、こちらも無料で電話対応サービスを行なっているケースと、別途で料金が発生するケースもあります。また電話対応サービスの質によってはクライアントや営業先の方に迷惑をかけてしまうリスクもあるので、事前に確認しておくことが大切です。