社内風景

庁舎建設を成功させるコツ|便利な賃貸オフィスの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

利用者が多いサービス

オフィス

大阪でも賃貸事務所は多くの注目を集めています。初期投資費用やランニングコストがかなり安いため、起業時に必要な事務所をすぐに準備することが出来ます。これから利用するならそのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

More Detail

貸事務所でビジネス

ビル

新しく事業を展開するなら千代田区で貸事務所を利用してみるといいでしょう。貸事務所はコスト面でのメリットが数多くありますし。また実際に物件を探すならネットを利用すると便利です。

More Detail

建設工事のタスク分配

男性

近年では民間の建設工事に限らず庁舎建設といった公共工事においてもその品質確保の必要性に注目が集まっています。そのため庁舎建設工事でも発注する側の経済的負担は大きくなっているのです。また庁舎建設では事業全体のスケジュール管理をはじめ、庁舎建設工事に関わる業者への対応や、工事内容のクリア化などこなすべきタスクが多くあります。

公共事業をより円滑に行なうのであれば、コンストラクションマネジメント、いわゆるCM方式に長けた業者へ依頼するといいでしょう。CM方式とは設計管理や施工を行なう際に、施工を担当する業者との間に第三者が介入することを言います。建築や設備のプロが中立性を保ちながら、建設計画、設計の検討や工事発注、スケジュール管理、コスト管理といったマネジメント業務を代行してくれるのです。

CM方式を活用すれば、ゼネコンや工務店といった流通の中間システム工程をカットすることが出来ます。つまり、工数が減ることで公共事業費用を大幅に抑えることが可能になるというわけです。そしてCM方式は発注者と施工業者が直接契約を結ぶため、価格の透明性が非常に高く、クリアな公共工事を行なうことが出来ます。

しかしCM方式では、分割発注するケースが増えるため、その分のリスクを発注者が負担することになります。さらに工事の内容によっては、関係業者の数が多くなるため、契約の手間が増えることが予想できます。とは言っても建設費用のコストダウン、全体的なプロセスの可視化、プロジェクトの責任者としてのタスク達成などのメリットを考えれば、言うほどのデメリットではないのかもしれません。

起業の選択肢の1つ

笑顔の社員

バーチャルオフィスは東京でも多くの人が利用しているレンタルオフィスの種類の1つです。バーチャルオフィスは、非常に安い費用で事務所を立ち上げることが出来るのです。

More Detail